Posts tagged: 冬

1/29 冬の伊那谷

コース: 辰野-南箕輪-伊那-大芝公園-みはらしファーム-駒ヶ根高原-駒ヶ岳SA-馬見塚公園-駒ヶ根
(主に中央自動車道沿いの高台の道を南下。コースマップ)
走行距離: 68.5km
車種: ランドナー(ヒロセ緑号)
同行者: なし

1年前に計画したものの悪天候で流れたままになっていた冬の信州・伊那谷へのツーリング。ようやく実行することができました。

「いつもの中央線」での出発。前日の帰宅が午前様になったこともあり、車内では意識朦朧としていることが多かったのですが、真冬の輪行なだけに、はっとするシーンが2回程ありました。
一つ目は勝沼ぶどう郷に差し掛かったところ。トンネルを抜けて、目の前に広がったのは甲府盆地の夜景。夜景は帰りの列車の物だと思い込んでいたので、意表を突かれました。日の出の遅い冬ならではですね。
もう一つは、凍りついた諏訪湖。最近は御神渡りが見られないという話ですが、あんなに大きな湖が一面凍りついているのは、やはりびっくりです。

続きを読む »

1/29 冬の伊那谷(速報)

行ってきました、冬の信州伊那谷。
午前中は氷点下で、午後はプラスになったものの雪が舞いました。
池という池は全て凍りつき、川の支流の半数は氷瀑状態。
とにかく寒かったです。
正月より雪は少なくなっており、積雪というより残雪という感じでしたが、要所要所にちゃんと雪はあって、楽しませてくれました。

詳細は追って。

1/13 今年の初雪

会社を出た時の気温は0.3℃。ぎりぎりプラス。
ここ暫く続いていた冬晴れの星空は無く、雲が掛かっていました。
気付けば白い物が舞ってきました。今年の初雪。
青梅から武蔵村山まで続いていたでしょうか。
いよいよ冬も本格的になって来ました。

1/2 冬の伊那谷(SAから偵察)

正月2日目は愛知県の実家まで民族大移動。昨年に続き、計画的に冬の伊那谷の駒ケ岳SAに寄り道してみました。昨年サイクリングを計画したものの、荒天で流れてしまったので、興味津々の課題エリアです。

サービスエリアの駐車場に車を停めるなり、近くの展望台に急いで登ってみます。定番の中央アルプスや南アルプスの上の方には雲が掛かって観ることができませんでしたが、目の前の雪原がとても魅力的です。あのベンチに座ってくつろぐだけでもうっとりしてしまいます(さすがに火器は持ち出さなかったので、お茶はありません)。

続きを読む »

12/11 昭和記念公園 Winter Vista Illumination 2010

先週末から始まった昭和記念公園のイルミネーション。今年も行ってきました。

続きを読む »

2/28 冬の信州・千曲川(その5: 終着地飯山へ)

コース:姨捨- 千曲市-(千曲川沿い)-須坂-小布施-(広域農道)-中野-(R403)-山ノ内-(R403)-木島平-飯山
(コースマップ)
距離: 75km
同行者: なし

夜間瀬橋からのR403の登りは、傾斜も緩やかで適度な負荷。景色をゆっくり眺めながら走るには、丁度良いペースになります。斜面一面に広がるりんご畑には、少しずつ残雪が見られるようになりました。

冬の信州の旅も、これから終盤に差し掛かります。
続きを読む »

3/7 雪の松本ポタ

コース:松本駅-松本城-開智学校-なわて通り-浅間温泉
距離: 10km

当初は、冬のサイクリングをテーマに有志で信州の伊那谷を訪れるはずでした。ところが、あいにくの冷たい雨。前々からじっくり練った計画でしたが、断念せざるを得ませんでした。

でも、折角空けた休日。状況に合わせて別の楽しみ方でもできれば、という思いで一杯でした。そんな時に、松本観光、という斬新な提案をしてくれたのがNさん。天気予報は丸一日雨でも、良く見ると、松本以北は雪のマークが出ていました。無情の雨ではなく、趣きの雪への期待が高まります。

とりあえず予定の朝一番のスーパーあずさに乗ってみると、小淵沢から雪。諏訪に降りても雪。こうなれば、予報通り松本もばっちり雪でした。しかも好都合なことに、寒すぎない微妙な気温で、路面にも積雪はありません。

まあ雪の中ですから、そんなに沢山の観光スポットを周れた訳ではありませんが、「まるはく」と言うだけあって、街全体が博物館状態。幸い今までゆっくりと松本観光をしたことが無かったので、期待以上に充実した観光ポタとなりました。

さて、一日の足跡を辿ってみます。
続きを読む »

2/28 冬の信州・千曲川(その4: 小布施より広域農道)

コース:姨捨- 千曲市-(千曲川沿い)-須坂-小布施-(広域農道)-中野-(R403)-山ノ内-(R403)-木島平-飯山
(コースマップ)
距離: 75km
同行者: なし

小布施からは千曲川を少し離れて、中野市、山内町を経由して木島平までR403の峠越えするコースを選びました。

小布施には道の駅があったので、偵察に行ってみました。設備的には割と標準的な内容でしたが、高速道路のPAも兼ねている施設なので、人で賑わっていました。小布施総合公園が併設されており、のんびりくつろいでいくには丁度良さそうな場所でした。天気も良くなってきていたので一服しようかとも思いましたが、今日は行動時間が短いので、先へ進むことにします。

小布施の町も良いとは聞きますが、いかにも観光地ぽくて、今回の旅のテーマには合わないな、ということで、あっさりスルー。但し、地図を見ていて1本気になる道がありました。道の駅から真っ直ぐ西方の玄照寺に向かう道と、突き当りから町の中心部に向けて左に折れていく道です。地形図を見ていると、微妙に曲がった街道沿いに集落が集まっており、古い町並みが期待できるだろうとの予感がありました。

続きを読む »

2/28 冬の信州・千曲川(その3: 千曲川を北上、小布施まで)

コース:姨捨- 千曲市-(千曲川沿い)-須坂-小布施-(広域農道)-中野-(R403)-山ノ内-(R403)-木島平-飯山
(コースマップ)
距離: 75km
同行者: なし

これから、千曲川のサイクリングロードを北上していきます。川幅がとても広く、対岸の堤防までは軽く500m以上はありそうです。盆地の中ということもあり、川の両岸の向こうの山々をはじめ、景色は少しずつ変化していきます。

続きを読む »

2/28 冬の信州・千曲川(その2: 姨捨から千曲川へ)

コース: 姨捨-千曲市-(千曲川沿い)-須坂-小布施-(広域農道)-中野-(R403)-山ノ内-(R403)-木島平-飯山
(コースマップ)
距離: 75km
同行者: なし

駅のホームでの雪との戯れを終えて、ようやく10:15に姨捨駅を後にします。この時点で気温は2℃余り。凍結する程の気温ではないのですが、まだまだ雪は降り続いており、かなりドキドキしながら出発です。

シャーベット状の路面は、轍こそあれ、乗車するには申し分無い状態でした。ゆっくりと下り坂を降りていきます。

続きを読む »

WordPress Themes