Posts tagged: ダム

8/14 旅のつづき(遠山郷-佐久間ダム, その2)

春と同じルートでR418を平岡まで進み、天竜川と再開。目指すは伊那小沢からの県道1号。愛知・静岡両県の県道トップナンバーでありながら車1台分の幅しかない、天竜川の秘境を行く道です。天竜川自体も戦前戦後に渡って電力開発が盛んに進められた河川で、佐久間ダムを代表として観るべき場所も多いのです。まずは平岡水力発電所から。この辺りを過ぎると、天竜川の水かさは増し、佐久間湖が始まります。

続きを読む »

6/6 神流川源流方面探索(その3)

ダムサイトを離れ、再び神流川の遡上を続けます。どこまで行けるのかは本当に判りませんが、源流の方に行けるところまで行くことがこの日の目的です。とりあえずの目標に、御巣鷹の尾根を目指します。

湖畔に沿ってまだまだ続く村道のトンネルの中では、奥地では意外な大型バスとすれ違いました。トンネルの中でも全く臭くない環境に優しいバス。満員の遠足風の乗客。それでピンときました。神流川発電所見学ツアーを終えて帰ってくるバスに違いありません。

するとトンネルの先には…。やっぱりありました、湖を横断する橋の突き当たりにある地下500mの発電所への入り口。地下といっても山の地下なので、一見普通の道路トンネルにしか見えませんが、すぐ傍にある50万V級超高圧の開閉所からも発電所の入り口であることに間違いありません。

続きを読む »

6/6 神流川源流方面探索(その2)

上野村の道の駅で運転手さんにお礼を言ってからバスを降りると、早速自転車の組み立て開始。同行の高地さんと私は、1週間前の山サイ装備からすっかり元に戻ったランドナー。いこきんさんはMTB。未知のルート探索のため、ダート走行可能な車種を選んで来ました。

組み立てを済ませると、すぐに道路情報の聞き込みのため道の駅の案内所へ。中ノ沢林道方面は東京電力の工事のため通り抜けできなさそうな説明。県道124号周辺も、浜平鉱泉が移転して「しおじの湯」に変わっているなど、変化があったことが判りました。例によって上野村周辺の観光ガイドも入手。

ちなみに、地元の特産品販売所の方ではマタタビが一袋250円で売っていたとかで、某T氏は1袋を残して在庫を買い占めていました。ソフトクリームが美味しいとか、南アルプスオフで話題になったという「つりけんくん」もあったとか。上野村の道の駅は土地の物で比較的充実している方でしょうか。併設の銘木工芸館には手作りの木工品が展示即売されていましたが、家具なんかは値札の0が1つも2つも多くて、とても手が届きそうにありませんでした。

道の駅にはすっかり長居してしまいましたが、9時半にようやく出発。R299から神流川源流へと県道124号が分岐する坂下までは、まっす進めば僅か6km余りですが、折角ですから大きく蛇行を繰り返す神流川の清流に沿った旧道を行くことにしました。
続きを読む »

5/16 宮ヶ瀬・服部牧場

家族からまた牧場に行きたいというリクエストがあり、車で宮ヶ瀬方面へ。今年2月以来再びやってきました服部牧場へ。

続きを読む »

2/21 宮ヶ瀬・服部牧場(その2)

(その1からの続きです)

服部牧場から、車で5分程走ると、あいかわ公園。中津川沿い、宮ヶ瀬ダムの下部にあたる公園です。ピクニック向けの緑豊かな広場や、春には色とりどりのツツジが一面を彩る「花の斜面」、創作体験のできる工芸工房村など、四季を通じて楽しめる施設が揃っています。

今回は、ダムの方に行ってみることにしました。宮ヶ瀬ダムは、典型的な重力式コンクリートダム。ダム下行きのパークトレインを降りると、目の前には巨大なコンクリートの塊がそびえています。

続きを読む »

WordPress Themes