2/28 冬の信州・千曲川(予告編)

コース: 姨捨-千曲市-(千曲川沿い)-須坂-小布施-(広域農道)-中野-(R403)-山ノ内-(R403)-木島平-飯山
     (コースマップ)
距離: 75km
同行者: なし

実は、冬のツーリングで、伊那谷の他にもう一つ構想を練っていたコースがありました。

きっかけは、folomyの会議室でたまたま紹介された、ある日のNHKの「小さな旅」でした。頚城からの出稼ぎ先として、真冬の須坂市内が出てくる場面があったのですが、真冬なのに街の中は雪が融けていました。これは…

千曲川沿いであれば、標高も気候も一定しているので、安定したコースが組める。非常に重要なヒントでした。

もう一つ考えがありました。長野盆地で一番印象に残っているのは、信州りんごの果樹園。5月の白い花、夏の青りんごの頃、9月の収穫期、それぞれ場所は異なっているものの、どれも体験したことがありました。が、一つだけ抜けていたのは冬のりんご畑。

このような考えで、千曲川沿いのりんご畑を結んでいくコースが自然と浮かんできました。

ただ、日取りの調整がなかなかうまくいきませんでした。今日2/28はフリーで出かけられそう、という状況になったのは昨日のこと。駄目ならまた来年と考えていました。

行く気にさせたもう一つの幸運は、この日の天気。予報では、土曜日の夜から広い範囲で雨が降るとのことでした。低地では雨ですが、高地や北信なら雪になるのでは、という読みでした。雪にならなくても、午前中でやむので、我慢するのはちょっとだけ。(結果的には、この読みはズバリ当りでした)

そんな訳で、前日になってようやく、思い切って出かける決心がつきました。自転車ツーリングとしては今年初の信州です。

さて、前置きが長くなりましたが、思い出のシーンをいくつか紹介して、予告編とさせていただきます。

続きを読む »

2/27 里山民家

昨日からの雨模様に今週末は身動きとれないかと心配していましたが、天気が良い方向にブレて、朝から雨が上がりました。そこで、狭山丘陵の麓で先日発見した里山民家をゆっくり訪れてみることにしました。今日は車だったので、現地のみの報告になります。

訪問客は僅か数組の家族連れと、自転車が乗り付けている近隣の男子小学生のグループのみで、とても落ち着いていました。早速、狭山丘陵周辺に実在した江戸時代の茅葺の民家を移築したという母屋に入ってみます。

続きを読む »

WordPress Themes