Category: ツーリング

11/14 多摩川オフ

第2日曜日はFCYCLE定例の多摩川オフへ。8月(帰省で欠席)、9月(残暑で中止)、10月(休日出勤で欠席)、を経て4ヶ月ぶりの参加でした。

今回は二子橋での開会の儀式にギリギリ間に合いました。駐車場待ちの車は混んで行列になっていましたが、開会時点の多摩川オフの参加者は、僅か8名。紅葉のぴったりの時期だったので、お出かけの方も多いからでしょうか。

続きを読む »

10/23~24 上州紅葉ラン(その4: 四万温泉~万沢林道)

目次: [その1][その2][その3][その4][その5]
コース: 水上-赤谷越-猿ヶ京-赤沢林道-霧峠-四万温泉(泊)-万沢林道-名無し峠-六合-長野原草津口
     (コースマップ)
走行距離: 61.3km(1日目)+61.0km(2日目)
車種: ランドナー(ヒロセ緑号)
同行者: FCYCLE 9名(高地,ats,NUTS,とし@鎌倉,ふじ→,せいろく,taki,あき@相模,いこきん, 以上敬称略)

朝食後、今度はメンバ全員が揃ってわかやま旅館を出発。予定より30分遅れの9時になってしまいましたが、宿の玄関先で記念写真。どうもお世話になりました。

この日の主な予定は、六合村の野反湖下まで全線ダートが続く万沢林道、その後暮坂峠を経て中之条までの60km余りのコース。
続きを読む »

10/23~24 上州紅葉ラン(その3: 四万温泉の散策)

目次: [その1][その2][その3][その4][その5]
コース: 水上-赤谷越-猿ヶ京-赤沢林道-霧峠-四万温泉(泊)-万沢林道-名無し峠-六合-長野原草津口
     (コースマップ)
走行距離: 61.3km(1日目)+61.0km(2日目)
車種: ランドナー(ヒロセ緑号)
同行者: FCYCLE 9名(高地,ats,NUTS,とし@鎌倉,ふじ→,せいろく,taki,あき@相模,いこきん, 以上敬称略)

日没後の宿到着で、翌朝は朝食を済ませたら直ぐに出発予定。このままでは四万温泉を見ないまま走り去ってしまうことになるので、朝食前の時間を使って四万温泉付近を散策してみました。

行動開始は、日の出に合わせて朝6時。1時間の持ち時間で、奥四万湖への朝ポタへ出発。他のメンバも誘ってみたのですが、朝は温泉でゆっくりしたいとのことで、単独行となりました。

続きを読む »

10/23~24 上州紅葉ラン(その2: 猿ヶ京~四万温泉)

目次: [その1][その2][その3][その4][その5]
コース: 水上-赤谷越-猿ヶ京-赤沢林道-霧峠-四万温泉(泊)-万沢林道-名無し峠-六合-長野原草津口
     (コースマップ)
走行距離: 61.3km(1日目)+61.0km(2日目)
車種: ランドナー(ヒロセ緑号)
同行者: FCYCLE 9名(高地,ats,NUTS,とし@鎌倉,ふじ→,せいろく,taki,あき@相模,いこきん, 以上敬称略)

猿ヶ京から三国街道で新三国大橋を渡り、吹路からは旧道へ。赤沢スキー場の看板を左折すれば赤沢林道です。

尾根筋までの登りは、地形図では一本の実線で表される細い道で、舗装路なのに小石や落ち葉がぎっしり。8年前はもう少し整った道だったのにと、ちょっと不安な気になります。まだまだ標高は約800mと低いため、紅葉もまだまだ。写真では新緑のシーズンにも見えてきます。

続きを読む »

10/23~24 上州紅葉ラン(その1: 水上~猿ヶ京)

目次: [その1][その2][その3][その4][その5]
コース: 水上-赤谷越-猿ヶ京-赤沢林道-霧峠-四万温泉(泊)-万沢林道-名無し峠-六合-長野原草津口
     (コースマップ)
走行距離: 61.3km(1日目)+61.0km(2日目)
車種: ランドナー(ヒロセ緑号)
同行者: FCYCLE 9名(高地,ats,NUTS,とし@鎌倉,ふじ→,せいろく,taki,あき@相模,いこきん, 以上敬称略)

なかなか遠出のツーリングの機会に恵まれない中、今年の紅葉ランは一発勝負。計画を立てた半年前には、猛暑で紅葉が遅れるということは全く予想できませんでしたが、まずまずの日取りとなりました。

アプローチは例によって例の如く「画期的な八高線」。しかし、この日はいつになく混んでいました。隣のボックスは登山に行く叔母様方で埋まり、始発列車には似合わない賑やかさ。途中駅からも2、3人のサイクリストが乗車してきて、今までに無い展開。さらに高崎から乗り継ぎの上越線は満席になり、都心並みの乗車率でした。紅葉シーズン真っ只中というのもありますが、こんな状況に遭遇するのは初めてでした。高崎からの乗客の中には、としさんも混じっていました。

今回のオフの集合場所は列車終点の水上駅前でしたが、買出し場所等の下見のために、としさんとは一旦別れて、一つ手前の上牧駅で下車。ここから、道の駅を経由して水上駅まで自走です。

続きを読む »

まもなく紅葉ツーリング

すっかりご無沙汰してしまいました。3週間ぶりのブログ更新です。

半年前に計画した「上州紅葉ラン」の開催が、今週末に迫ってきました。

このブログの記事を念入りにチェックされた方や、旧NIFTY-ServeのFCYCLEの過去ログを隅から隅まで読んだ方は、既にお気づきかもしれません。実はこのオフのコースは、今から18年前、お座敷サイクリストさんに連れて行って貰ったコースです(厳密には、当時は雨でショートカットしたので、今回が初のフルコース)。

当時はまだ私が自転車を始めて間もない頃で、ランドナーでのツーリングオフも初体験、本格的ダート林道も初体験。真っ赤な霧峠から四万温泉まで苦労しながらダートを下っていったのは、今でも印象に残っています。

月日を経て、また走ってみたいと思いつつも、付いていくばかりだったので、どこを走ったのか今一つ解りませんでした。ようやく林道の名前と入り口を探し当てたのが、8年前のこと。今度は私がオフを企画する側に立って、自転車仲間を引き連れていくことになりました。

温泉もより充実したみたいですし、上流にはダムが完成し、四万温泉も随分変わっていることと思います。いよいよ明後日ですが、天気予報も良好で、今回は天候にも悩まされなさそうです。最高の紅葉や温泉を楽しめることを祈っています。

7/3 自転車部第8回ラン(青梅~名栗)

コース: 青梅-小沢峠-名栗湖-原市場-倉掛峠-東都飯能CC-笹仁田峠-青梅
     (コースマップ)
走行距離: 59.6km
車種: スポルティーフ(ヒロセ黄号)
同行者: 会社の自転車部員6名

会社の同僚と自転車部の活動を始めてから、まもなく1周年を迎えようとしています。今回は、その記念を兼ねた第8回目となるランでした。コースは第1回目とほぼ同じもの。でも折角なので、一部面白そうな道を入れてアレンジしてみました。

最初の目的地は、名栗の立ち寄りスポットとしてはメジャーな名栗湖(有馬ダム)。天気さえ良ければ有馬山方面が見えるところですが、上の方は雲が立ち込めていました。今年の梅雨は結構雨が降っている印象でしたが、湖の水位は割りと低め。夏場の水が気になります。

続きを読む »

6/6 神流川源流方面探索(その3)

ダムサイトを離れ、再び神流川の遡上を続けます。どこまで行けるのかは本当に判りませんが、源流の方に行けるところまで行くことがこの日の目的です。とりあえずの目標に、御巣鷹の尾根を目指します。

湖畔に沿ってまだまだ続く村道のトンネルの中では、奥地では意外な大型バスとすれ違いました。トンネルの中でも全く臭くない環境に優しいバス。満員の遠足風の乗客。それでピンときました。神流川発電所見学ツアーを終えて帰ってくるバスに違いありません。

するとトンネルの先には…。やっぱりありました、湖を横断する橋の突き当たりにある地下500mの発電所への入り口。地下といっても山の地下なので、一見普通の道路トンネルにしか見えませんが、すぐ傍にある50万V級超高圧の開閉所からも発電所の入り口であることに間違いありません。

続きを読む »

6/6 神流川源流方面探索(その2)

上野村の道の駅で運転手さんにお礼を言ってからバスを降りると、早速自転車の組み立て開始。同行の高地さんと私は、1週間前の山サイ装備からすっかり元に戻ったランドナー。いこきんさんはMTB。未知のルート探索のため、ダート走行可能な車種を選んで来ました。

組み立てを済ませると、すぐに道路情報の聞き込みのため道の駅の案内所へ。中ノ沢林道方面は東京電力の工事のため通り抜けできなさそうな説明。県道124号周辺も、浜平鉱泉が移転して「しおじの湯」に変わっているなど、変化があったことが判りました。例によって上野村周辺の観光ガイドも入手。

ちなみに、地元の特産品販売所の方ではマタタビが一袋250円で売っていたとかで、某T氏は1袋を残して在庫を買い占めていました。ソフトクリームが美味しいとか、南アルプスオフで話題になったという「つりけんくん」もあったとか。上野村の道の駅は土地の物で比較的充実している方でしょうか。併設の銘木工芸館には手作りの木工品が展示即売されていましたが、家具なんかは値札の0が1つも2つも多くて、とても手が届きそうにありませんでした。

道の駅にはすっかり長居してしまいましたが、9時半にようやく出発。R299から神流川源流へと県道124号が分岐する坂下までは、まっす進めば僅か6km余りですが、折角ですから大きく蛇行を繰り返す神流川の清流に沿った旧道を行くことにしました。
続きを読む »

6/6 神流川源流方面探索(その1)

目次: [その1][その2][その3]
コース: 道の駅上野-(奥多野街道旧道散策)-上野村ふれあい館-(神流川遡上)-御巣鷹の尾根登山口-(N林道)-上野村ふれあい館
     (コースマップ作成中)
走行距離: 73.11km
車種: ランドナー(ヒロセ緑号)
同行者: FCYCLE 2名(高地,いこきん, 以上敬称略)

「神流川源流方面探索」と題し、群馬県上野村の御巣鷹山方面に行ってきました。

もともとこのエリアに目を付けたのは、10年も前のこと。2000年の多摩川源流オフに続く源流探訪企画の目的地に選んだ場所でした。

2002年に初めての調査に出向いたときは、日本最大級の揚水式発電所やダムの建設工事がピークを迎えている真っ最中。あれから諸事情で暫くツーリングが途絶えたまま8年が経ちました。

発電所建設だけでなく日航機の墜落事故の影響もあり、状況が年々変化するエリア。オフ開催に向けて今この機会に行っておこうと、FCYCLEで同行者を募りました。奥地であるが故に通常なら1泊2日の行程になりますが、できる限り手軽に行きたいので、アプローチを工夫し日帰りの計画です。8年前と同様に、群馬藤岡駅6:32着の「画期的な八高線」から上野村行きの始発路線バスに乗り継ぐことで、朝9時には上野村の中心部に到着。現地で丸一日行動時間を確保できます。

続きを読む »

WordPress Themes