8/9-12 夏の信州巡り(その4: 駒ヶ根-妻籠宿)

目次: [予告編][その1][その2][その3][その4][その5]
コース:
  1日目: 軽井沢-嬬恋-地蔵峠-小諸-菱野温泉(泊)
  2日目: 菱野温泉-小諸-武石峠-美ヶ原-美ヶ原林道-松本-駒ヶ根-早太郎温泉(泊)
  3日目: 早太郎温泉-駒ヶ岳ロープウェイ-木曽駒ヶ岳・千畳敷-駒ヶ根-広域農道-松川-飯田-飯田峠-大平峠-妻籠(泊)
  4日目: 妻籠-木曽福島-地蔵峠-開田高原-木曽福島-宮ノ越-姥神トンネル-権兵衛トンネル-伊那

忙しすぎて夏休みのツーレポが未だに終わっていませんが、あともう少しお付き合い下さい。

千畳敷から降りてきて振り返ってみる中央アルプス方面。さっきまでいたのは、まさに雲上の花畑でした。
20110811101156

続きを読む »

8/9-12 夏の信州巡り(その3: 中央アルプス・千畳敷カール)

目次: [予告編][その1][その2][その3][その4][その5]
コース:
  1日目: 軽井沢-嬬恋-地蔵峠-小諸-菱野温泉(泊)
  2日目: 菱野温泉-小諸-武石峠-美ヶ原-美ヶ原林道-松本-駒ヶ根-早太郎温泉(泊)
  3日目: 早太郎温泉-駒ヶ岳ロープウェイ-木曽駒ヶ岳・千畳敷-駒ヶ根-広域農道-松川-飯田-飯田峠-大平峠-妻籠(泊)
  4日目: 妻籠-木曽福島-地蔵峠-開田高原-木曽福島-宮ノ越-姥神トンネル-権兵衛トンネル-伊那

前から登ってみたかった中央アルプス木曽駒ケ岳方面。軽装備の未経験者でも千畳敷カールのお花畑までならロープウェイで行ける。という訳で、ついにそれを実行する日が来ました。

朝5時に起床。中央アルプス方面にはガスが掛かって見通しはありませんでしたが、ホテル千畳敷のブログには毎日のように雲海、雲海とありましたので、敢えてそれを心配する必要もなさそうです。
20110811053406

朝6時前にはタクシーが迎車に来て、相乗りの老夫婦と一緒に乗り込みます。定員6名に対し6名乗っているのでちょっと窮屈でしたが、途中バスセンターで始発のバス待ちの長い行列を見て、タクシーで正解だったと悟りました。
続きを読む »

書籍紹介「長野県鉄道全駅」

ちょっと一服。最近購入した書籍の紹介です。

長野県鉄道全駅
信濃毎日新聞社出版部編
ISBN978-4-7840-7164-7 C0026
2011年07月
定価2,000円+税

駅は、輪行ツーリングの出発地・終着地として、必ずコースの基点となる場所。特に信州の鉄道全駅の情報を網羅的にデータベース化した本が、2009年6月の初版から2年経過して、最新版になりました。

行ったことのある駅を思い出してみるのもよし。未踏の駅を辿って旅した気分になるのもよし。ツーリングの発着地を考えるのにも良いでしょう。調査だけならWikipediaを引けば出てきますが、それとは違った楽しみがあります。

高遠駅(バス駅)やしらび平駅・千畳敷駅(ロープウェイ駅)まで掲載したり、駅のスタンプまでコレクションにしている念の入れ様。強いて言えば、駅弁のある駅はメニューを載せて欲しかったところ。

鉄道マニアだけでなく輪行ツーリストにもお勧めの一冊です。

8/9-12 夏の信州巡り(その2: 小諸-駒ヶ根)

目次: [予告編][その1][その2][その3][その4][その5]
コース:
  1日目: 軽井沢-嬬恋-地蔵峠-小諸-菱野温泉(泊)
  2日目: 菱野温泉-小諸-武石峠-美ヶ原-美ヶ原林道-松本-駒ヶ根-早太郎温泉(泊)
  3日目: 早太郎温泉-駒ヶ岳ロープウェイ-木曽駒ヶ岳・千畳敷-駒ヶ根-広域農道-松川-飯田-飯田峠-大平峠-妻籠(泊)
  4日目: 妻籠-木曽福島-地蔵峠-開田高原-木曽福島-宮ノ越-姥神トンネル-権兵衛トンネル-伊那

次なる目的地は、駒ヶ根高原の早太郎温泉。以前から行ってみたかった中央アルプス・木曽駒ヶ岳方面の前泊地です。感覚的にはそんなに離れていないつもりでも、小諸から駒ヶ根までは直線距離で85kmもあります。途中は、美ヶ原や松本といったメジャーな観光地で繋いで行くプランを計画しました。

前日から引きずった宝探しの宿題は、一晩考えても答えは見つからないままで、朝からモヤモヤした気分でしたが、とりあえず温泉に入ることから一日をスタート。登山電車が動き出す6:30に速攻で展望露天風呂へ一番乗り。ちょっと霞んでいたものの、まずまずの天気です。

続きを読む »

8/9-12 夏の信州巡り(その1: 嬬恋-小諸)

休み明けの業爆で遅くなりましたが、そろそろ片づけないと夏休みの宿題(?)にも間に合わないので、纏め始めます。

目次: [予告編][その1][その2][その3][その4][その5]
コース:
  1日目: 軽井沢-嬬恋-地蔵峠-小諸-菱野温泉(泊)
  2日目: 菱野温泉-小諸-武石峠-美ヶ原-美ヶ原林道-松本-駒ヶ根-早太郎温泉(泊)
  3日目: 早太郎温泉-駒ヶ岳ロープウェイ-木曽駒ヶ岳・千畳敷-駒ヶ根-広域農道-松川-飯田-飯田峠-大平峠-妻籠(泊)
  4日目: 妻籠-木曽福島-地蔵峠-開田高原-木曽福島-宮ノ越-姥神トンネル-権兵衛トンネル-伊那

纏まり無さが自負できるコース取りですが、今年も夏は信州への家族旅行。

初日の宿は、家族から再訪リクエストの強かった小諸の菱野温泉・常盤館。昨年行きそびれた嬬恋側を経由したかったのですが、後述する理由で宿への到着を早目に設定したかったので、軽井沢から北回りでのアプローチとなりました。

軽井沢のインターを降りて、中軽井沢の旧道めぐりをしてからR149を北上。浅間山の東側の浅間峠を越えるこのルートは、12年前にも自転車ツーリングで越えたことがありました(その時は草津白根経由渋温泉まで)。今では車でもキツく思える坂道を、当時グイグイ登ったことが思い出されます。

北軽井沢のいかにも高原リゾートぽい街からは進路を西に変え、「パノラマライン」の名を持つ広域農道へ。嬬恋村といえば野菜畑、という連想通りに、村に入ると目の前は一面のキャベツ畑。草津から菅平まで横の広がりを持った山々をバックに、構成要素は単純なのに風景はとてもダイナミックです。砂埃を巻き上げて爆走するキャベツ満載の大型トラックが鬱陶しくても、車を停めてやり過ごしてしまえば、辺りはのどかな農村に戻ってくれます。
20110809120542

続きを読む »

8/9-12 夏の信州巡り(予告編)

お盆休みも昨日で終わり。全面返上となった昨年とは一転、今年はほぼフルに休むことができました。8日間の夏休みの前半は信州へ(家族旅行なので車です)。旅の記録は整理中につき、とりあえず概略のみ。行きたい場所が散在していたため纏まりのないコースになってしまいましたが、夏の信州を満喫できました。

20110811072138

コース:
  1日目: 軽井沢-嬬恋-地蔵峠-小諸-菱野温泉(泊)
  2日目: 菱野温泉-小諸-武石峠-美ヶ原-美ヶ原林道-松本-駒ヶ根-早太郎温泉(泊)
  3日目: 早太郎温泉-駒ヶ岳ロープウェイ-木曽駒ヶ岳・千畳敷-駒ヶ根-広域農道-松川-飯田-飯田峠-大平峠-妻籠(泊)
  4日目: 妻籠-木曽福島-地蔵峠-開田高原-木曽福島-宮ノ越-姥神トンネル-権兵衛トンネル-伊那

続きを読む »

7/23-24 日光澤温泉(その2: 田代山林道)

目次: [その1][その2]
コース: 大清水-奥鬼怒林道-日光澤温泉(泊)-川俣湖-川俣桧枝岐林道-馬坂林道-田代山林道-湯ノ花温泉 (コースマップ)
走行距離: 18.7km(1日目)+64.25km(2日目)
車種: ランドナー(ヒロセ緑号)
同行者: CT誌T編集長、高地さん

奥鬼怒から奥会津方面への分水嶺は、東から順に安ヶ森林道、田代山林道、川俣桧枝岐林道の3本の未舗装林道が通っています。今回は、眺望の良い尾根筋伝いに延びる田代山林道で湯ノ花温泉まで至る、高地さんお勧めのルートで県境を越えます。


続きを読む »

7/23-24 日光澤温泉(その1: 奥鬼怒林道)

目次: [その1]
コース: 大清水-奥鬼怒林道-日光澤温泉(泊)-川俣湖-川俣桧枝岐林道-馬坂林道-田代山林道-湯ノ花温泉 (コースマップ)
走行距離: 18.7km(1日目)+64.25km(2日目)
車種: ランドナー(ヒロセ緑号)
同行者: CT誌T編集長、高地さん

某CT誌の取材のため、高地さんとT編集長に同行して、1泊で奥鬼怒方面に行ってきました。ルートは奥鬼怒林道と田代山林道とスーパー林道の梯子、宿は秘湯の日光澤温泉、という非常に贅沢な林道ツーリング。しかも、撮影ポイントではモデルさんになった気分で、ドキドキワクワクの旅でした。


日光澤温泉と看板娘(母)のチャング。

続きを読む »

6/22 蛍アゲイン

今夜もナイトランに出発。今回は場所を変えて、昨日より一山手前になる笹仁田峠の先の某エリア。
延べ30匹以上は見付けられ、それはもう大感激でした。
水辺を飛んでいるものや、湿地の草に停まって点滅しているものや、頭上を飛んでいるものなど。
環境が良いからか、中には民家の軒先を飛び回っているものも。
蛙の合唱をBGMにしながら。
近くにやって来たものを捕まえて手乗り蛍にしてみたり、ここまで蛍を身近に感じることのできたのは初めての体験。
長居しようにも、レーダー上で雨雲が接近してきたため、やむを得ず撤退。近いうちにリベンジしよう。


続きを読む »

6/21 ナイトランで観蛍

空調が止まり脳味噌が煮えたぎりそうな灼熱地獄の職場を脱出し、ナイトランに出発。
岩倉温泉を抜け、薄暗いバーディ坂をエッチラオッチラ越えて、やって来たのは成木の某川のほとり。
近々蛍を観る会が開催されるという場所でしたが、近くに街灯が灯り、時折地元の車も通って、なんだか今日は光らなそうな雰囲気。暫くパトロールを続けても、やはり蛍は見つかりません。
半ば諦めながら奥の方まで行ってみると、不規則に動く黄緑の光を発見。暫く飛び回った後、木に停まり、点滅を続けていました。いろんな角度から確認しましたが、やっぱりこれは蛍です。遂に見つけました。実物を観るのはかれこれ20年ぶり。
川のせせらぎの音に、見上げれば夏の星空。最高にリラックスできました。

WordPress Themes