2/17 雪化粧の朝

昨晩の雪で街がどうなっているか、期待が高まる朝でした。

残念ながら立川では、屋根の上がうっすらと白くなるだけで、あまり目立った雪は残っていませんでした。それでも朝の気温は2℃弱。青梅ならばもっと寒いので、と期待しながら、1週間ぶりの自転車通勤に出ることにしました。

郊外に向かうにつれて気温はぐっと下がり、武蔵村山のはずれから残雪が目立つようになりました。子供みたいな気持ちで、ドキドキしながらペダルを漕いでいきます。


箱根ヶ崎では、丘の上の林がまるで雪国みたいに。

紅梅の花が白い雪とコントラストを作っていました。

会社手前には畑や空き地が広がっていますが、一面真っ白。茶畑もすっかり変身。

牛が迷彩色になっています。

積もった雪は、日中、殆ど融けてしまったようです。でも、今晩も雪の予報で、こちらでは既に舞い始めています。都心の方でも降るとのこと。明日の朝、再びどうなっていることか、期待で一杯です。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

WordPress Themes