書籍紹介「見る撮る描く 絶景の山 ~中央アルプス・南アルプス~」

FCYCLEで計画中のオフに持って行きたくなる一冊。


出版元へのリンク

日本山岳写真協会南信支部/写真, 菊地俊朗/文
定価 2,000円 (本体1,905円)
ISBN4-7840-9971-9 C0026

山岳写真家による中央アルプス・南アルプスの絶景の写真集。四季を通じた美しい風景が紹介されています。

しかも、単なる写真集ではなく、撮影地を地図付きで紹介しています。撮影地の殆どは自転車や徒歩で行くことのできる場所なので、思わず足を運んでみたくなります。中には、近くを通ったことがあって、惜しいことをしたと思ってしまう場所や、訪問経験があり、改めて美しさを再認識した場所などもあり、ページをめくるのにドキドキしてしまいました。

中央アルプスと南アルプスがターゲットということで、主に伊那谷の各地からの眺めが掲載されていますが、木曽谷や秋葉街道沿いや甲州からの景色も広く取り上げられています。

残雪や花や緑や果実や紅葉など、一年を通じて楽しめる信州伊那谷。その美しさを改めて感じさせられました。しかも、こんなに身近なものだったとは。

ツーリングの計画を立てるのに是非参考にしたい一冊です。

P.S
本書に記された伊那谷の主要な景勝ポイントをGoogle Map上に描いてみました(PCでご覧下さい)。ツーリングの計画の参考に。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

WordPress Themes