1/4 伊那谷ふたたび、そして新発見(その2)

(#1からの続きです)

駒ヶ根橋からは宮田村に向けて坂を下り、さらに広域農道を伊那方向へ。集落が見えたところで脇道へ入ります。なだらかな斜面一面に広がる刈り取り後の田んぼには、雪が残っていますが、南アルプス方向からの朝日を浴びて、これから融けていきそうです。
20100104083724.jpg


さらに北上し、伊那に入った辺り。
20100104084652.jpg

雪の緩斜面の向こうには伊那の街が広がっています。
20100104084910.jpg

りんご畑でしょうか。
20100104084916.jpg

融雪剤を使わなくても路面は良好でした。
20100104084926.jpg

集落の中には大きな古木が。春になるのが楽しみな場所です。
20100104085948.jpg

再び広域農道を北上し、道が大きく蛇行する辺り、権兵衛峠に流れを発する小沢川沿いの道が面白そうなので、入ってみました。
20100104091744.jpg

この道は権兵衛峠の古道(登山道)にも繋がる道で、雰囲気もよい道でしたが。ですが、車では行く先無理があるので、ここから権兵衛峠道路を経由して、再び畑の中の道に戻ります。
20100104091928.jpg

伊那の街から真っ直ぐ登ってくる道。いつも登っていた権兵衛峠道路(になった道)の交通量が増えてしまったので、畑に3ブロック入ったところの並行する道です。この辺りは、夏になると一面トウモロコシ畑になります。
20100104093004.jpg

さて、駆け足になってしまいましたが、高速道路の渋滞も怖いので、寄り道もこれで終わりです。

雪化粧の山々を目の前に見ながら走れる伊那谷には、冬が終わらないうちに再び訪れたくなりました。今度は自転車でのんびり走ってみたい。今シーズン中に来れるか解りませんが、かなり本気で考えています。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

WordPress Themes