5/4 サドルに腰掛けられる幸せ

勤務先はメーカーゆえ、夏場の節電に備えてゴールデンウィークは振替出勤。

いつものルートで出勤途中、青梅街道旧道・箱根ヶ崎でラバネロのロードレーサーを捕捉。ペースが合わなかったのでブッ千切ろうと前に出たところで、急にお尻が沈む感覚。初めてでは無かったので、起きていることをすぐに悟りましたが、あーやっちゃいました。

落とさないようにサドルを股に挟んで停車して見たところ、シートピラーが途中からポッキリ。シートピラーは通算3本目。またも破損パーツコレクションが増えました。

大変なのはそれから。朝一に会議を入れていたので、修理のための寄り道は不可能。会社までの3~4kmをずっと立ち漕ぎ。かなり堪え、会社に着いたときには両手が痺れきっていました。

幸い会社から最寄のサイクルベースあさひに問い合わせたところ、27.2mm径のシートピラーの在庫があるとのこと。夕方会社をちょっと抜け出して購入成功。ご親切にも工具まで貸し出して頂き、無事に交換することができました。帰り道も45分間の立ち漕ぎを覚悟していただけに、サドルに腰掛けて走れたことのなんと幸せなこと。体も自転車も健全な姿が一番です。


パイプの肉厚が前後方向と左右方向で異なるのは加わる応力を考えれば理解できますが、鋳物の型の偏心により肉厚が設計以上に薄い場所があるのは製造不良でしょうか。さらに、パイプの長手方向で肉厚が不連続に変化する場所があって、そこに集中した応力によりクラックが入り破断に至ったようです。

さて、暫くは改めてポジション調整の日々になりそうです。

4 Comments

  • By ats, 2011/05/10 @ 22:34

    私はオクタリンクの右クランクを壊してしまいました。
    トホホです。

  • By でき, 2011/05/13 @ 01:10

    クランクとBBは1本ずつ折ったことがありますが、
    もう10年以上も昔のこと。
    最近のクランクもしっかり折れるのですね。
    これだから軽合パーツは…(笑)

  • By しらなみ, 2011/05/16 @ 09:27

    シートピラーの内側が錆びているように見えるので、フレーム内の湿度が高いのかもしれませんね。

  • By でき, 2011/05/18 @ 00:32

    確かに雨の中乗ることもあるので、湿気がこもる可能性もありますが、
    内側の白い粉は何となく製造上の物の様に思えます。
    ティッシュで簡単に取れるし、パイプの下の方には全く付いていないので。
    取り敢えず、時間のある時にカットモデルにして解析してみます。

Other Links to this Post

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

WordPress Themes