2/6 自車云車部・第12回ラン(多摩川河口方面)

会社で結成している自車云車部の12回目となるランは、冬ということで登坂は避け、昨年同時期と同様に、多摩川サイクリングロードを河口方面まで走りました。今回は、昨年6月多摩川オフの早朝オプションで連れて行って貰った川崎側の河口へメンバを連れて行こうと計画したのですが…


ガス橋を渡ったところ。多摩川下流域でカヌーを漕いでいるのを観るのは、初めてでした。

多摩川がくねり始め、川崎の街が見え始めると、河口はもうすぐ。

屋形船が係留される大師橋を渡って川崎側へ渡ります。潮は大潮の干潮時刻。あとちょっとで干潟の広がる川崎側河口だったのですが…

河口手前1.5kmで通行止め。堤防工事のため、今年度一杯通れないということでした。がっくり。事前調査不足でした。

R409で迂回し、あそこが多摩川サイクリングロードの終点だよ、ということだけ説明するに留まりました。がっくり。

気を取り直して、羽田の大鳥居で海の雰囲気を味わってから、帰途に就きました。

計画は失敗したけれど、今回新人2名が加わり、途中で輪行デモもできたし、来シーズンに向けて実りあるランであったかと思います。

P.S
冬の伊那谷の詳報、もうちょっと待って下さい。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

WordPress Themes