10/23~24 上州紅葉ラン(その5: 万沢林道~長野原草津口)

目次: [その1][その2][その3][その4][その5]
コース: 水上-赤谷越-猿ヶ京-赤沢林道-霧峠-四万温泉(泊)-万沢林道-名無し峠-六合-長野原草津口
     (コースマップ)
走行距離: 61.3km(1日目)+61.0km(2日目)
車種: ランドナー(ヒロセ緑号)
同行者: FCYCLE 9名(高地,ats,NUTS,とし@鎌倉,ふじ→,せいろく,taki,あき@相模,いこきん, 以上敬称略)

コーヒーを沸かしたり、ゆっくりランチタイムをくつろいでいたら、あっという間に1時間。万沢林道の名無し峠の出発は12:20になってしまいました。時間計算をすると暮坂峠と締めの温泉のフルコースでは時間が足りません。前夜の時点で温泉優先が決まっていた上、皆さんこの峠でかなり満足していたので、六合村から温泉経由長野原草津口行きの意見が大勢を占めました。最終決定は分岐手前の道の駅ということにして、後半戦に向けて出発です。

この名無し峠からは、白砂川までの標高差400m程のダートの長い下り。フラットな路面も次第に普通に砂利のダートとなり、登り以上に神経をつかったでしょうか。


途中Tさんのランドナーの泥除けの固定が緩んでしまうトラブル発生。後続を待つ間に修理してしまおうとのことで、林道道端で店開きとなりました。闇取引(?)で交換用の金具も無事入手でき、皆でよってたかって無事に元通りに修理完了です。

林道を下りきると、万沢林道の西側最下点となる白砂川の谷。ダートだったからか随分下ったように感じられましたが、まだまだ約1000mの標高があります。新潟県境から流れてくる渓流が、秘境の素晴らしい眺めを創っていました。

白砂川から万沢林道終点までは標高差200mの登り返し。この区間は傾斜もきつい上に、グリップも奪われる場所もありました。延々とダートを走ってきただけに、キツさは地図で見る以上。自分的には、タイヤがスリップしたのを口実に、足を止めて一休みすることも何度かありました。

キツいダートを登り終えると、別荘地への進入路を兼ねる真っ直ぐ人工的でフラットな道となり、林道の雰囲気が変わります。左右の林の黄葉を眺めながら前に進みますが、微妙な登りになっており、ちょっとじらされる感じです。

別荘地を抜け、白味田沢川に差し掛かると、万沢林道もまもなく終点。このあたりで、車からテーブルを広げ、自然の中で読書や編み物をしているカップルを発見。地元の方なのか、連泊で訪れているのか、なんとも優雅な過ごし方でした。

林道の終点では、野反湖から降りてきたR405に合流。ここから舗装路です。時刻は14時近く。野反湖往復がなくなったのは勿論ですが、暮坂峠も時間的にありえません。まだまだ標高は1200m。ダイナミックな紅葉の谷間を下っていきます。峠を越えてきたこちら西側の方が紅葉の色づきも良かったですね。

コーナーの合間に紅葉の山々を脇見運転しながら花敷温泉の方に気持ちよく下っていくと、谷が開け、集落が見え始めてきました。山を降りてきたんだなぁと実感します。

直線路の下りの先のコーナーでFさんが合図するので停まってみると、この道祖神を発見。この後の六合村の道の駅にももう1対ありました。道祖神は信州の文化かと思いきや、上州にもあるということを今回の旅で初めて知ったのでした。

白砂ダムの矢倉発電所。小さなダム湖ですが、秘境ぽい眺めに、ついつい皆停まってしまいます。

六合村の道の駅まで下る途中には、もあり、野猿との遭遇もありました。

眼下に湯の平温泉見下ろすと、まもなく六合村の道の駅。暮坂峠の断念が正式に決まり、終点は長野原草津口に再設定されました。

締めの温泉は、長野原草津口駅の手前5km地点の長英の隠し湯へ。国道から対岸の赤岩集落に入ったところにある、こじんまりした温泉施設です(最近オープンした施設なので、全然隠し湯じゃないのですが…)。若干塩素臭がするアルカリ性単純温泉でしたが、混雑も無くゆったりと温まることができたのが良かったです。

温泉から上がったメンバから順次長野原草津口駅に降りていくと、今回の紅葉ツーリングも無事終了。食料とビールを買い込んで宴会特急「草津」に乗り込むと、いつの間にか車窓の外は本降りの雨。温泉のあと濡れずに済んだことにホっとしつつ、皆で語らいながら帰途に就きました。

半年振りの宿泊ツーリングに18年振りに訪れた奥地の林道。そして、何よりも今年一番の紅葉。至福の満足感で満たされた2日間でした。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

WordPress Themes