10/23~24 上州紅葉ラン(その4: 四万温泉~万沢林道)

目次: [その1][その2][その3][その4][その5]
コース: 水上-赤谷越-猿ヶ京-赤沢林道-霧峠-四万温泉(泊)-万沢林道-名無し峠-六合-長野原草津口
     (コースマップ)
走行距離: 61.3km(1日目)+61.0km(2日目)
車種: ランドナー(ヒロセ緑号)
同行者: FCYCLE 9名(高地,ats,NUTS,とし@鎌倉,ふじ→,せいろく,taki,あき@相模,いこきん, 以上敬称略)

朝食後、今度はメンバ全員が揃ってわかやま旅館を出発。予定より30分遅れの9時になってしまいましたが、宿の玄関先で記念写真。どうもお世話になりました。

この日の主な予定は、六合村の野反湖下まで全線ダートが続く万沢林道、その後暮坂峠を経て中之条までの60km余りのコース。

林道に入る前に補給食の買出しのために、四万温泉内の山口地区にある「わしの屋」まで一旦引き返します。本業は地酒が充実した酒屋さんですが、ヤマザキショップも兼ねているため、パンやおにぎり等の買出しも可能です。私は補給食だけでなく、「温泉壱號」という名前に惹かれて地酒を1本買ってしまいました。さらに軒先には「権現沢の水」という湧き水も。四万温泉でこれだけの補給ができるのは、わしの屋1軒だけのようです。

同じ道を再び戻り、わかやま旅館を通り過ぎ、さらにR353パイパスを横切ると、万沢林道の入り口。ちなみにメンバのIさんは、この万沢林道と同い年ということで、とても喜んでおられました。

この日の万沢林道は、私たちだけの貸し切り状態。広葉樹に囲まれたダートの細道をゆっくりと進んでいきます。

万沢林道登りの前半は、新湯川に沿った道。静かなダートを登りは渓流の音を聴きながら。色づき始めた紅葉の中に滝が幾つかあり、足を止めてカメラを構えることが何度もありました。

支流の橋がある度にこんな渓流の景色が待っていました。しかし、この新湯川の沢を最後に、林道は開放的な峠道に変わっていきました。

切通しもあったり。

次第に天頂が開け、山の端が見え始めるとともに、木々も黄色や赤に色づいてきました。

峠に至る稜線に上がった1250m付近は展望ポイント。目の前の相ノ倉山(?)はもっと紅葉が鮮やかです。

展望ポイントで足並みを揃えてから、この真っ直ぐな道を登っていけば、あと少しで峠に到着。

名前の判らない万沢林道ピークの峠には、このオフ最高の眺めが待っていました。進路前方右手には、鮮やかに彩った山の向こうに上信国境の白根山が。

振り返れば、霞の奥に水墨画のように段々と刻まれた榛名山が。山それぞれの景色も素晴しいのですが、山の変化が楽しめるのが上信国境付近の楽しみでもあります。

時刻も丁度お昼前。最高の眺望の取り囲まれた峠では必然的に大休止。こんなに大自然の中の静かな峠を独り占めしてのランチ&コーヒータイムは、ランドナーツーリングならではの最高のひとときでした。

その5へ続く。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

WordPress Themes