6/25 福生・ほたる公園

先週末、FCYCLEで小川町の外れにある里山へ蛍を見に行こうというオフがありました。私自身は蛍オフには参加しなかったのですが、その後とあるメーリングリストにて、主催者の方から多摩川周辺で蛍の見られる場所を幾つか紹介していただきました。その中にあったのが、この福生のほたる公園。まさに私の通勤エリアなのに、今の今まで全然知りませんでした。それは許されないだろう、ということで、今朝パトロールに行ってきました。


ほたる公園の場所は、奥多摩街道旧道から1本裏に、しかも1段下に降りた住宅地の一角。だから、今まで気づかなかったのですね。ちなみに公園のある通りは、「せせらぎ通り」と呼ばれていました。このせせらぎは、多摩川の河岸段丘の湧き水に源があるのか、水質がとても綺麗。流れに沿った遊歩道はひんやりと涼しく、夏場に涼むにはもってこいの場所にも思えました。公園には、この冷たく澄んだ水をさらに浄化してから引き込んでいるようでした。

写真手前の水路には蛍の幼虫が生息しているとのこと。写真の奥手には温室のようなドームが見えます。

ドームを覗いてみると、中はかなり広い空間。このドームと綺麗な水によって、絶滅しかけた蛍が人工的に養殖されているようでした。

案内板によれば、生息しているのはゲンジボタルとのこと。6月が蛍の盛りのころなのですね。

蛍は本当に居るのか確かめようと、会社の帰り道にも深夜のパトロールに出動してみましたが、残念ながら蛍の光は見当たりませんでした。時期が悪かったのか、月の明かりや住宅地の照明で見落としていただけなのか…

ちょっと人工的な場所ではありましたが、住宅地の一角で蛍が見られれば、なかなか風情がありそうな場所ですね。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

WordPress Themes