3/28 雪解けの(筈だった)佐久オフ(その3: 眼鏡橋)

目次: [予告編][その1][その2][その3][その4][その5]

コース: 西松井田-横川-(アプトの道)-眼鏡橋-(R18旧道)-碓氷峠-軽井沢-中軽井沢-信濃追分-御代田-佐久市中込-旧中込学校-北中込
     (コースマップ)
距離: 53km
車種: ランドナー(ヒロセ緑号)
同行者: FCYCLE 8名(高地, ats, NUTS, riko, ふじ→, 須藤, τ・κ, 雑木, 以上敬称略)

アプトの道は見所満載で、日帰りのツーリングなのにツーレポがなかなか先へ進みません。もう少々お付き合い下さい。m(_ _)m

アプトの道の最後となる第5トンネルの出口には、碓氷川の谷を挟んで対面する第6トンネルとの間に全長91メートルの通称「眼鏡橋」が架かっています。トンネルに続くこの長い橋の上にレールが敷かれていたことを想像すると、同じく歴史的な遺産である山陰本線の余部鉄橋を連想してしまいます(印象的な建築物でしたが、残念ながら架け替えですね)。
最後尾の私が到着したときには、同行者の皆さんは自転車を置き、思い思いの見学を楽しんでいました。


最後のトンネルということで出口から後ろを振り返ってみると、当たり前ですが、進んで来た時と同じように第3号トンネルからこちらが団子状に連なっています。

眼鏡橋は、正式名称を「碓氷第三橋梁」といいます。約200万個ものレンガを積み上げたこの橋は、現存するレンガ造りの橋の中では国内最大級。重要文化財に指定されるとともに、世界遺産への登録を目指す動きもあるようです。

ゆずさんが描いたトンネルの風景を追い求めて、かつて旧信越本線を訪れたこともあるrikoさんは、初めて立つ眼鏡橋の上でとても嬉しそうに記念撮影を行っていました。

橋の欄干にはケーブルを何本も渡していた名残がありました。ケーブル本体は線路とともに既に取り外されており、突起状のケーブルラックだけが残っています。

橋の上から川底までは高さ31メートル。身を乗り出すと足がすくんでしまいそうなので、カメラだけを差し出し真下を撮影してみました。写真に立体感が無くなってしまいましたが、実際は凄く高くて吸い込まれそうでした。

谷の上流方向には新線の新碓氷川橋梁が見えます。今にも列車が走ってくるかのように、現役当時の姿をそのまま残しています。それにしても、寒気で一杯の谷間が白く霞んでいます。とても寒かったのです。

熊ノ平まで続く第6トンネルは遊歩道としてまだまだ整備中のため、今は通行止めです。従って、アプトの道はここが終点。自転車を担いで長い階段を降りていきます。

階段は100段以上ありましたが、歩きやすく整備されています。同行の皆さんも、意外と自転車を担ぐのにも慣れていますね。

眼鏡橋は、下から見上げても迫力あります。

眼鏡橋の大きな橋脚の付け根を通ってR18旧道に出て行きます。100年以上も前にこれだけの構造物を設計・建築できたのは、とても偉大なことだと感心の気持ちで一杯です。

眼鏡橋の見学を丁度終えた頃、先行している雑木さんより電話連絡がありました。もう碓氷峠に到着してしまったとのことで、十石峠に続いてまたもお待たせすることになってしまいました。ペースはお気遣い無用なので、次回は単独行でなく一緒に走りましょうね、雑木さん。

軽井沢駅集合の10:30まであまり時間もないので、碓氷峠まで先を急ぎます。





ところで、その1で出題した謎解きの種明かしが、今回の一連の写真の中にさりげなく載っていたのには気づいたでしょうか。
正解をもう一度抜粋したのがこれらの写真。左がその1の横川駅前の排水溝。右が眼鏡橋の横に設置されたケーブルラック。磨耗の度合いに違いはありますが、ギザギサの形や穴の位置がまるで同じです。

現地では、特に話題になっていなかったので、誰一人アプト式のラックレールであることに気づくことはなかったのでしょう。私も面白い形だとは思いましたが、太い集合ケーブル用のただのケーブルラックにしか見えませんでした。でも、帰宅後写真を整理した時に初めて、あれがアプト式のラックレールであることに確信を持ちました。特徴的な形状のラックレールは、こんなところにも活用されていたのですね。
(2010/8/3追記: 8/1に現地にいた安中市教育委員会の説明員の方に、ラックレールの再利用であることを確認しました。)

その4へ続く。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

WordPress Themes