3/28 雪解けの(筈だった)佐久オフ(予告編)

目次: [予告編][その1][その2][その3][その4][その5]

コース: 西松井田-横川-(アプトの道)-眼鏡橋-(R18旧道)-碓氷峠-軽井沢-中軽井沢-信濃追分-御代田-佐久市中込-旧中込学校-北中込
     (コースマップ)
距離: 53km
同行者: FCYCLE 8名(高地, ats, NUTS, riko, ふじ→, 須藤, τ・κ, 雑木, 以上敬称略)

納期に追われ日々仕事に明け暮れる中、束の間の休日に信州方面のオフに出掛けて来ました。元々は「雪解けの佐久オフ」というタイトルで早春の信州の高原を走る計画を4ヶ月も前から立てていました。しかし残念ながら、予想外の寒波と気圧の谷の到来で、雪解けはおろか雪の舞う中のオフになってしまいました。それでも、前半の碓氷峠はフルコースで堪能し、後半は旧街道から佐久へののんびりとした風景の広がるコースで、最後は温泉で暖まるという内容に変更。しかも、小海線で帰途についてからは、車窓から素晴しい雪景色を楽しめるというおまけつき。心の底からリフレッシュできた一日になりました。

今はなかなか書くための時間を取れませんが、折角自分が主催したオフでもあるので、できる限り早めにツーレポを纏めて行きたいと思っています。

それでは、思い出のシーンからの抜粋です。

コース前半の目玉である「アプトの道」より、照明が幻想的な信越本線旧線の第1号トンネル。連なるトンネルを抜けていくのは、電車の運転士になった気分。古びたレンガ造りのトンネルからは、長年の歴史が感じられました。

※アプトの道への自転車の持ち込みは、押して歩いていく限り容認との回答を安中市役所より頂いています。


アプトの道の終点にて、上から見る眼鏡橋。大きく、高く、感動的でした。

雪の残る氷点下の碓氷峠。例年なら融けている筈だったのですが…

佐久市内の旧中込学校。ちゃんと観光もしてきました。

その1へ続く。

P.S
5年振り位の業務多忙状態で、4月上旬まではゆっくりツーレポを執筆できる時間をとることができません。
日々このブログを読みにきて下さる方には大変申し訳ありませんが、限られた時間の中で書いて行きますので、続編の投稿までどうそ気長にお待ち下さい。

2 Comments

  • By riko, 2010/03/30 @ 21:52

    できさーん
    来ましたよ~
    続きを楽しみにしてます!

  • By deki, 2010/03/31 @ 00:04

    rikoさん、こんにちは。よくお越し下さいました。
    日曜日は寒い中、お疲れ様でした。
    当初予定とは異なりましたが、何から何まで目一杯楽しめましたね。
    折角の思い出ですから、地道にツーレポを書き溜めていこうと思います。
    どうぞ気長に待っていてください。

Other Links to this Post

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

WordPress Themes