3/14 多摩川オフ

1週間前は冷たい雨や雪が降る天気だったのに、再び春の陽気が帰って来て、遂に桜の花も咲きました(といっても、多摩川で無く、我が家のサクランボの木なのですが…)。心地良い青空の下、今月もFCYCLEの定例多摩川オフに参加してきました。


今回は世話役担当ということで、二子橋の集合場所からのスタートです。ところが、こんなにも気候に恵まれたのに、集合場所に集まったのは僅か7名。同日開催の丹沢の林道オフに行ってしまったか、花粉を恐れて自転車を控えているのか。恒例の儀式もあっという間に終わり、府中に向けて出発です。

天気の良い日に外に出たくなるのは、自転車も歩行者も同じ。多摩川サイクリングロードは比較的混んでいたので、特に追い越しの時には注意します。幸い参加者の人数も少なめだったこともあり、危険を感じることも無く、最後尾でのんびりと景色を眺めながら走ることができました。いつも思いますが、後ろを気にせず好きなペースで走れるというのは、最後尾の特権ですね。

朝は少なかった人数も、昼食場所では延べ20名くらいまで増え、会話も弾みます。幼児部の子供2名もおじさん方に遊んでもらって、とても嬉しそうでした。

府中の昼食場所の土手の桜は、蕾が膨らんでいるものの花はまだまだ。是政橋下流の花畑の菜の花もまだまだ。ちょっと時期的に中途半端でした。それでも改めて気づきましたが、二子橋から府中まで満遍なく植えられている雪柳が、白い花を咲かせ始めていました。

昼食後は流れ解散とさせて頂き、先月に引き続きのえっちファミリーと駅までの散策。先月とは別ルートで是政駅までの短い道のりでしたが、静かで緑の多い遊歩道をのんびり楽しむことができました。

その後は、小平のヒロセまでひとっ走り。到着時点でも店内は賑わっていましたが、意外にも4時5時を過ぎた頃から、さらに常連客が集まって来ました。皆さん、陽気に誘われて走りに出かけた帰りのようでした。狭い店内にピークで9人も。某オーナーさんのミニベロが完成したばかりで、それを取り囲んで自転車談義を弾ませたり、ヒロセさんのパーツについての語りの数々を聴いていたら、結局閉店時間まで長居してしまいました。日が長くなったとはいえ、さすがに帰宅した時には真暗になっていました。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

WordPress Themes